• お風呂の炭
  • 浴玉

風呂釜を傷めるから入浴剤を入れない!そんなかたにおすすめ!故障の心配ナシの”お風呂のお供”

スーパーや薬局でも手軽に購入できる入浴剤。価格帯も様々で種類や香りも実に多様なものが販売されています。

しかし“入浴剤は風呂釜を傷める”といったことをしばしば耳にすることがあります。それは一体どうしてなのか、また、どんな入浴剤が風呂釜を傷めるのか、当記事で解説していきます。

入浴剤は風呂釜を傷める!だから入れないという人は14%!

Q:入浴剤を入れないときの理由を教えてください。

バスリエ調査によると、風呂釜・給湯器・浴槽などお風呂を傷めるから入浴剤は入れない!という人が1000人中140人。特にご自身でお風呂掃除をしている方であれば、とても気になる点と言えるでしょう。

入浴剤の種類によっては、パッケージの裏側に注意書きが書かれているものも。ではどんな入浴剤がお風呂を傷めてしまうのでしょうか。次項で詳しく見ていきます。

どんな入浴剤が風呂釜を傷めるの?

入浴剤のパッケージの注意書きを見てみると、

  • 機種によっては使用できない場合がございます
  • 使用後はすぐに風呂釜を洗浄してください
  • 循環機能を停止して使用してください
  • 風呂釜を傷めるイオウは入っていません

といった注意書きが記載されていることがよくあります。また、風呂釜や給湯器のメーカー側も、“入浴剤の種類によっては故障の原因になる”といった注意喚起がされていたり、使用自体をNGとしているところもあります。

では、どういった入浴剤が風呂釜を傷めるのでしょうか。

入浴剤の風呂釜&その他への影響

風呂釜を傷める入浴剤としてよく言われるのが、パッケージの注意書きにも見られる“イオウ”の成分。温泉成分でもよく耳にし、湯の花など温泉地で販売されている入浴剤を使用したことのあるかたも多いことと思います。この“イオウ”は風呂釜や給湯器の金属部分を腐食し、故障させてしまう危険性があります。このほかにも、酸化チタンを含んでいるにごり系強酸性・強アルカリ性になる入浴剤なども風呂釜を傷めてしまう危険があります。

またこれらの成分は、風呂釜だけでなく、浴槽や給湯器へ影響を及ぼすこともあります。

注意したい入浴剤

前項の注意したい入浴剤を纏めると、以下のようなものになります。

  • イオウ成分入りのもの
  • にごり系
  • 強酸性になるもの
  • 強アルカリ性になるもの

入浴剤の注意書きをよく読もう

前述の通り、入浴剤のパッケージには使用方法の注意書きが記載されています。使用の前には必ず入浴剤の注意書きを確認し、その内容を守って使用することが重要です。

注意書きの中でもよく目にするのが“風呂釜を傷めるイオウは入っていません”という文言ですが、イオウ以外の成分が原因となり故障に繋がることもあります。

また、故障まではいかずとも、色や香りが付着し取れなくなったり、雑菌が繁殖してしまう原因にもなり得るため、入浴後はすぐに湯を流し、風呂釜・浴槽を洗浄するよう心がけましょう。

風呂釜のお掃除方法

風呂釜掃除の頻度は?

風呂釜のお掃除は月に1度は行うのが理想です。色素や香料の着いた入浴剤等を頻繁に使用するかたの場合は、もう少し頻度を上げると、故障や汚れ防止になります。シャワーがメインで頻繁に風呂釜を使わないというかたの場合でも、2~3ヵ月に1度行うのが望ましいでしょう。

風呂釜のお掃除方法

薬局やスーパー等で専用の洗剤が市販されていますので、それらの手順どおりにお掃除すれば問題ありません。購入の際は、1つ穴用・2つ穴用と種類がございますので、間違わないように注意しましょう。

お風呂の故障が心配!そんなかたにおすすめな風呂釜を傷めない「お風呂の炭」

入浴剤を選ぶ際にきちんと風呂釜への影響を確認し、正しい使い方をすれば故障も防げますが、それでも多くの成分が含まれていて色素も香料も使用されている入浴剤は心配だ!

という人に、イチオシなアイテムが“お風呂の炭”。

お風呂に炭?とお思いでしょうか。

そうなんです、お風呂に炭を入れるのです。

商品ページはこちら

お風呂の炭ってなに?

“お風呂の炭”はお風呂に入れる炭のこと。入浴の30分前やお湯を張る際にポンっと入れるだけ!それだけで塩素緩和&ポカポカ温泉気分になれます。無香料&無着色で風呂釜や給湯器・浴槽を傷める心配もありません

また、1日あたりたったの14.8円なので、コスパもバツグン。

さらにこれら基本的な効果にプラスして、浴槽内の雑菌やぬめりをとってくれるという嬉しい効果も得られます。 

お風呂の炭の効果は“炭”だけにお墨付き!?普通の炭と何が違う?

炭にはそのミネラルと遠赤外線効果でお風呂のお湯をまろやかにし、体を芯から温めてくれる効果があります。しかしお風呂のソムリエSHOP!の「お風呂の炭」が普通の炭と違うのは“アパタイト光触媒”を施している点。

前述のとおり炭そのものにも嬉しい効果があるのですが、この“アパタイト光触媒(※産業技術総合研究所開発)”により、浴槽内の細菌・有害物質を吸着し、それらを分解してくれるという効果が加えられるのです。

アパタイトって?

  

人間の葉や骨の主成分であるリン酸カルシウムのことで、最近・ウイルスなどのタンパク質への高い吸着力があります。

光触媒って?

”光触媒”とは光を吸収して化学反応を起こす物質のこと。その化学反応によりさまざまなものを分解する力があります。植物の”光合成”と同じ現象ですが、お風呂の炭は浴室の照明でこの反応を引き起こし、雑菌等の有害物質を分解します。

お風呂の炭は”風呂釜への影響”の悩みに応えます!

バスリエ調査にて、どんな入浴剤があったら良いか、という質問をしたところ、下記のような回答が見られました。

①絶対に風呂釜・給湯器・浴槽が傷まないもの

➁追い炊きすることで風呂釜もキレイになるもの

特に①の意見は非常に目立ち、多くのかたがお風呂への影響を懸念していることがわかります。そんなお悩みも「お風呂の炭」なら無用。絶対に風呂釜・給湯器・浴槽を傷めません

さらに、お風呂の炭には浴槽内の雑菌やぬめり・ニオイを吸着&分解する力があり、お風呂のお湯はもちろん、浴槽や風呂釜キレイして、お掃除もラクにしてくれます

お風呂の炭は風呂釜を傷めません!

お風呂の炭は着色料や香料不使用。もちろんイオウやその他お風呂を傷める成分を一切使っていないので、風呂釜を傷めることはありません。追い炊きOKなので家族で順番に入っても、都度温め直すことができます。

そして当然色やニオイの付着もないどころか、雑菌やぬめり・ニオイを吸着してくれるためお掃除も楽になります。

お風呂の炭のその他のメリットって?

お風呂の炭のメリットはこんなに!

入れない理由が見当たらない

①いつものお風呂に入れるだけ

②お肌が喜ぶ美肌温泉?

➂お風呂の水をキレイにする

④コスパ最高

⑤残り湯も入れたてのように

⑥風呂釜にも優しい

⑦お掃除楽々

⑧赤ちゃんOK

⑨敏感肌OK

⑩水風呂OK

こんなに良いことづくしのお風呂の炭。入れない理由が見当たりません!

普段から入浴剤を入れるひともそうでない人も、是非”お風呂の炭”の良さを体感してみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です