2022.02.21

【2022年最新】ホワイトデー誰に何を贈る?お返しの人気・予算ランキングも!

【2022年最新】ホワイトデー誰に何を贈る?お返しの人気・予算ランキングも!

バレンタインのお返しに、本命の彼女や妻に、義理チョコや友チョコのホワイトデーお返しギフトとしてetc…。

お返しを贈る相手も多様化していて、どんなプレゼントが良いものか毎年頭を悩ませているという方も多いのではないでしょうか?バスリエでは、今年もバレンタインギフトに関する実態調査を行いました!
予算やギフト内容など、是非参考にしてみてください。

男女関係なし?女性も約6割がギフトを贈っている

Q:毎年贈っていますか?

バスリエ調査では、半数以上の人が毎年何かしかのギフトを贈っているということで、バレンタイン同様ホワイトデーもしっかりと根付いている行事となっています。

  • 男性

  • 女性

ホワイトデーはバレンタインを貰った男性がお礼としてその方へ贈り物を渡す習慣ですが、今回の調査では女性でも6割近くの人が贈り物を贈っていることがわかりました。 一方男性は8割近くもの人がギフトを贈っています。 では、その内訳はどのようになっているのでしょうか。

男性でも半数近くは妻・彼女以外の女性へ

Q:誰に贈りますか?

一般的には“夫・彼氏→妻・彼女へ”のお返しというイメージですが、調査結果を見ると妻・彼女に贈っている人は24%とあまり高くない数値となりました。 その他の数値を見てみると、友人10%、同僚・上司が7.5%という結果に。また、” 自分に”という人も少ないながら何名か見られました。

  • 男性

  • 女性

男女別に見ると差が顕著に出ており、“贈らない”が女性は4割以上いるのに対し男性は2割に満ちませんでした。また、男性では“自分に”贈るという人は0人だったものの、女性だけで見ると1割以上いることもわかります。 バレンタインに自分用チョコを買うという人を良く聞きますが、女性の場合、ホワイトデーでも自分チョコを買い求める方が一定数いることが伺えます。
男性だけで見てみるとやはり妻・彼女へが最多で半数を超えていますが、友人や同僚などもそれぞれ1割ずつ回答があり、義理のバレンタインギフトの風習がまだまだ根強いことが伺えます。

ホワイトデーも実店舗が人気

Q:何を贈っていますか?

  • 1位

    食品
    (チョコ以外)

  • 2位

    贈らない

  • 3位

    チョコレート

  • 4位

    飲料
    (酒類含む)

  • 5位

    コスメ

贈りものの内容については、バレンタイン時の結果が半数以上がチョコレートだったの対し、ホワイトデーではチョコレートは2割程度に過ぎませんでした。 そして1位はチョコ以外の食品に。 また5位にコスメがランクインしていた点もバレンタインとは異なる点です。
年々男女が関係なくなってきているバレンタイン・ホワイトデーではありますが、ギフト内容から見てみると、やはり男性→女性へという意識がまだまだあるように思えます。

Q:どこで購入しますか?

購入場所についてはネット通販派が約2割なのに対し、実店舗派は4割も。 コロナ渦が続くというのもありネット通販が盛況かと思いきや、ホワイトデーギフトに関しては、実店舗で選びたいという方が多いことがわかりました。 これは、バレンタイン同様、デパートや百貨店等で特設会場が設けられたり、駅構内でも 手軽に購入できる期間限定店などが設置されたりすることが要因かと思われます。

Q:予算はどのくらいですか?

予算については1000円~3000円未満が4割で圧倒的に多い結果となりました。続いて3000~5000円。
今回の調査から見ると、ホワイトデーは“好きな人”というよりも義理で貰ったギフトや友達同士の交換等の意味が圧倒的に多いようなので、このくらいの金額が妥当だと言えるでしょう。

おまけ:楽しい?面倒くさい?ホンネはどう?

ここまで、ホワイトデーの予算やお相手・ギフト内容などを解説してきましたが、では、実際ホワイトデーという行事そのものに対して、多くの方はどのように感じているのでしょうか?

Q:あなたにとってホワイトデーとは?

  • 男性

  • 女性

バレンタイン・ホワイトデーは貰うほうもあげる方も非常に気を遣うため、近年ではギフトの贈答を禁止とする職場も出てきているようです。身の回りでも、実は義理チョコを貰って迷惑だ、お返しが面倒くさい、といった声を聞くことがあります。
しかし今回の調査によると、面倒くさい・出費がかさむ、とマイナスな意見を述べた方も確かにいるものの、半数以上は楽しい・交流のきっかけになると前向きな回答をしていました。特に女性にとっては、楽しいが4割以上、交流のきかっけになるという回答も3割近くで、実に7割近くのかたが前向きな回答をしています。男性でも楽しい・交流のきっかけになる、合わせて6割以上なので多くの方は肯定的な気持ちのようです。
ただ、マイナスな意見としては女性よりも男性のほうが目立つので、バレンタインに義理のギフトを渡す際にはちょっと注意したほうが良いかもしれませんね。

まとめ

ホワイトデーが面倒という風潮も垣間見える中、意外と楽しみにしているという人も多い”ホワイトデー”。
折角の交流の機会ですので、これを機に仲を深められると良いですよね。バスリエではアンケート調査を元に、おススメのホワイトデーギフトもご紹介しています。是非合わせてご覧ください!

ホワイトデーギフトに関する調査は引き続き行っています。是非ご協力をお願い致します!