見ながら実践!お風呂診断でカラスになった方へおすすめの入浴法<br>「 水素浴 × 瞑想浴 」

見ながら実践!お風呂診断でカラスになった方へおすすめの入浴法
「 水素浴 × 瞑想浴 」

カラスのあなた

  常に成果を出し続ける

  マルチな才能・職場のスター

  • あなたのイメージ
  • 有能な「実力者」
  • あなたの性格
  • いつもきちんとしていたい、成果を出すのは当たり前で常に目標達成。周囲のお手本的な存在。頑張りすぎる傾向が強いかも。
  • あなたの原動力
  • 成功
  • あなたの仕事ぶり
  • プロ意識や目的意識、実力も高く、チームのお手本で優等生。コストや資金の管理も得意なマルチな人。
  • お疲れ注意報
  • もっと理想を高く、もっと評価されたい!と感じる時は疲労が蓄積傾向で、ストレス過多の可能性も。
  • ハッピー提案
  • 静かなリラックスした時間を持ちましょう。瞑想やヨガで仲間を見つけるのも良いかも。

この入浴法について

この入浴法は、バスリエ株式会社が提供しているお風呂診断で動物タイプが「カラス」になった方や、「カラスのあなたの入浴剤」に記載された用法・用途を見て選ばれた方におすすめの入浴法です。
お風呂で見ながら正しく実践していただくためにもスマートフォンやタブレットなどの電子機器の利用を推奨しておりますが、電子機器に万が一の故障や破損が起きた場合、当方にて責任を持つことが出来ません。

こんな悩みのあるときに

  •  頭を空っぽにしたいとき
  •  パフォーマンスが低下したとき
  •  自分と向き合いたいとき
  •  記憶力を高めたいとき
  •  集中力を高めたいとき
  •  ペースを整えたいとき

水素浴とは

水素浴とは「水素の泡が全身を包む入浴剤」を使用した入浴法です。
入浴剤をお湯に入れると全身に細かな水素の泡がビッシリと体につくのが印象的で、高濃度な炭酸泉に浸かっているような滑らかな感触が楽しめます。水素には還元作用があるほか、分子構造が炭酸ガスよりも小さく皮膚から血中への浸透性が高いため、温浴効果を高めることができます。
「カラスのあなたの入浴剤」は、常に高い理想や意識を持続しているカラスな方が、疲労やストレスを感じたときに静けさと爽快感を感じてリラックスできるように、森林浴のようなヒノキの香りとエネルギッシュな新緑をイメージした黄緑の湯色を採用しました。

瞑想浴とは

瞑想浴

瞑想浴とは、瞑想と入浴を掛け合わせた入浴法です。
瞑想というと宗教やスピリチュアル的なイメージもありますが、それとは違いメディテーション(瞑想の英訳)やマインドフルネス(瞑想の一部)の言葉で親しまれ、医学的にも様々な効果が認められている方法です。
瞑想浴では、一般的な瞑想と入浴による脳や心身への効果が期待でき、入浴時間を利用して瞑想することで時間のない方にも習慣として取り入れやすいメリットがあります。

瞑想浴の期待できる効果

自律神経を整える・脳をリラックスさせる・集中力を高める・記憶力を高める・ストレス軽減・心身の回復・老化防止・幸福度を高める・血行促進・疲労回復・免疫アップ・健康促進・睡眠効果・感情コントロールなど

瞑想浴の注意点

  • のぼせに気をつけましょう。
  • 浴室での熱中症に気をつけましょう。
  • 暗がりでは足元に注意し転倒に気をつけましょう。
  • 湯船から出る際の立ちくらみなどに注意しましょう。
  • 高熱があるときは控えましょう。
  • 飲酒をしているときやしたあとは控えましょう。
  • 薬を服用しているときも控えましょう。
  • 入浴前には必ず水分補給しましょう。
  • 高血圧の方は危険性が高いので控えましょう。
  • 循環器系に疾患のある方も控えましょう。
  • 疾患のある方は主治医に相談してから行ってください。

入浴前の準備について

浴室換気を一時的にOFF

瞑想浴を行うときは、浴室内の換気扇を一時的にOFFにしましょう。
換気扇が付いていると雑音となり瞑想の邪魔をしてしまう場合があります。また換気扇をつけていると浴室内の温度が下がり、肩などが冷えてしまう場合があります。
換気機能を一時的に止めることでわずかな冷えも防いで快適な瞑想浴を実現しましょう。

浴室内の温度と湿度を調整しましょう

入浴前に浴室内の温度と湿度を調整しましょう。
温度に関しては、浴室暖房もありますが浴室内を乾燥させてしまう場合もあるので、入浴前に熱めのシャワーを浴室の床や壁にかけると簡単に温度と湿度を調整することができます。
浴室内の室温は25℃以上、湿度は90%を目安にしましょう。浴室に防水タイプの温湿度計を置いておくと便利です。

脱衣所、廊下、リビングも温度と湿度を調整しましょう

脱衣所や廊下・リビングなども、簡易暖房や加湿器を使って温度と湿度を調整しておくことで入浴後を安全で快適に過ごせます。
温度は20℃前後、湿度は50%~60%を目安にしましょう。

水素浴×瞑想浴のやり方

水素浴×瞑想浴はとても繊細な入浴法です。
目的によってやり方も違ってきますので、目的別のアドバイスを組み合わせながら実践しましょう。

01.

水分補給

入浴中は汗によって体内の水分量が減ってしまいます。
入浴前はもちろん、自宅であれば入浴中や入浴後などこまめな水分補給を行いましょう。
体内の水分量が少ないと、脱水症状やお風呂で熱中症になる方もいます。水分補給を怠ると、血流が悪くなる危険もあるので気をつけましょう。

02.

掛け湯

湯船に浸かる前には、必ず心臓から一番遠い右足の先から順番に心臓に向かって掛け湯を行います。
瞑想浴前の掛け湯は、参拝前の手水のようなものです。心を清める気持ちで瞑想浴に臨みましょう。

03.

全身を洗う

瞑想浴を行う前に頭皮や毛穴など全身の汚れをやさしく洗い流しましょう。
全身を洗うことで身を清めると同時に温浴効果を高め、体が温まりやすくなります。
家族がいる方であれば次に入浴する方へお湯をパスする際のマナーとしても大切です。

04.

水素浴×瞑想浴

38℃~40℃(体温+2℃~4℃)のぬるめのお湯に「カラスのあなたの入浴剤」を入れ、足からゆっくりと肩まで浸かり全身浴を5分ほど行い、汗が出るくらい体をあたためます。
※座り方はあぐらや正座など楽な座り方で大丈夫です。
頭、肩、腕の順に力を抜いて、お湯の浮力を感じるくらい手の力も抜いていきます。
目を閉じて、ゆっくりとヒノキの香りを感じながら腹式呼吸を行います。腹式呼吸は、鼻からゆっくりと息を吸ってお腹を膨らませ、吸う時の倍ほどの時間をかけてゆっくりと息を吐き出します。

瞑想浴

呼吸を意識しながら、目的に合わせて思いを巡らせたり、心を集中したり、無心になったりします。
時間はじんわりと汗がにじむくらいで10分程度を目安に入浴しましょう。
より深く瞑想したいときには、浴室の明かりを消してキャンドルを灯しながら行うのも効果的です。

瞑想浴

05.

瞑想浴が終わったら少し湯船から出て休憩します。

06.

同じぬるめのお湯に、全身の力を抜いて肩までしっかりと浸かる全身浴を3分ほど行いしっかりと全身を温めてから浴室を出ましょう。

悩み別アドバイス

  • 頭を空っぽにしたいとき

      お湯に身を委ねるようにしながら浴室の明かりを消して呼吸に意識を集中すると、頭の中の雑念や体の余分な力が抜けて頭を空っぽにすることができます。
    慣れないうちはところどころで雑念が邪魔をしてきますが、そんなときは焦らず呼吸に意識を戻すことで少しずつ上達していきましょう。

    パフォーマンスが低下したとき

      脳のパフォーマンスが低下しているときに多いのは、思考が整理されていない状態にあることです。瞑想浴をすることである程度は思考の整理に繋がりますが、瞑想浴中に「必要」or「不必要」や「好き」or「嫌い」などで頭の中を整理するように思考を巡らせる方法もおすすめです。

    ペースを整えたいとき

      イライラしたりして心のペースが乱れたときにも、瞑想浴がおすすめです。
    自分自身や周囲にイライラしているときには、心を落ち着けマインドチェンジすることを意識しましょう。湯の温かさや香りなどを感じながらポジティブな思考を巡らせると、本来の自分のペースを取り戻すことができます。

  • 記憶力を高めたいとき

      記憶力を高めたいときに大切なのが、記憶の整理と脳をリラックスさせてあげることです。瞑想浴を行いながら呼吸に意識を向けてリラックスします。その日の出来事を頭の中で整理することで記憶力を高めることが期待できます。

    集中力を高めたいとき

      集中力を高めたいときは、目を閉じて瞑想浴を行いながらヒーリング系などの音楽を聴くのもおすすめです外部の情報を遮断することで集中力を高めることができます。
    また、マントラを唱えるのもおすすめです。マントラとは瞑想で集中を助けるために繰り返される一つの言葉で、自分が瞑想に集中しやすい言葉ならどんな言葉でも大丈夫です。私の場合、「お風呂!お風呂!お風呂!」と唱えていますが、ネガティブな言葉はおすすめしません。

    自分と向き合いたいとき

      自分と向き合いたいときには、浴室の明かりを消してキャンドルを灯して瞑想浴を行います。このとき目は半眼でうっすらと「正直な自分」や「今の自分」「なりたい自分」などに意識を向けて行いましょう。

入浴後の過ごし方

バスローブ

入浴後はしっかりと汗や水分を拭き取ります。一番簡単な方法としては、バスローブを羽織ると素早く体の水分や汗を吸いとり、冬は保温や湯冷め防止にも役立ちます。
また、肌を乾燥から守る保湿効果も期待できます。
汗が引くまでは温まった体を冷やさないように、常温水や温かいハーブティを飲みながらゆったり過ごし、汗がひいたタイミングでパジャマに着替えて就寝(入眠)すると質の高い睡眠に繋がります。

最後に

カラス

カラスは、自分で自分のことを認められている状態がもっとも良い状態です。
もっと成果をあげなければ!と必死になっているときは、ストレスが溜まっている可能性があるので、そんな時に「水素浴×瞑想浴」を取り入れてみましょう。
お風呂で肩の力を抜いて一呼吸おくことで良い状態に近づけます。
自分に適した入浴習慣を身につけて活用することで、今まで以上に成果を出すことが期待できます。

この記事を書いたのは
お風呂の専門家 松永武

松永 武( まつながたけし )

お風呂のソムリエ・バスリエ・温泉入浴指導員(厚生労働省)・温泉健康指導士・バスリエ株式会社 代表取締役・一般社団法人HOT JAPAN 代表理事

スターダストマーケティング所属。
お風呂好きが講じて寝具メーカーを退職後、2005年にお風呂グッズの専門店を開業。バスグッズマニアとして「マツコの知らない世界」をはじめテレビ・ラジオ・雑誌などで活躍中。

 profile page