見ながら実践!お風呂診断でネコになった方へおすすめの入浴法<br>「 水素浴 × シャワー浴 」

見ながら実践!お風呂診断でネコになった方へおすすめの入浴法
「 水素浴 × シャワー浴 」

ネコのあなた

  毎日平和に暮らしたい

  抜群のバランス感覚

  • あなたのイメージ
  • マイペースな「平和主義者」
  • あなたの性格
  • 落ち着いた平和な環境で、のんびり過ごすのが好き。社交性が高く、癒し系ではあるが、案外弱みは見せないかも。
  • あなたの原動力
  • 平和
  • あなたの仕事ぶり
  • 1人でもチームでも能力を発揮するバランス抜群の人。常に落ち着いて仕事をこなす。職場問題の良き調停者。
  • お疲れ注意報
  • 頼まれ仕事が増えてきて、忙しい日々が続いてきたら、過労・ストレス蓄積かも。ミスに注意して。
  • ハッピー提案
  • もう一歩、進んで行動してみましょう。あなたはそれが出来る人です。

この入浴法について

この入浴法は、バスリエ株式会社が提供しているお風呂診断で動物タイプが「ネコ」になった方や、「ネコのあなたの入浴剤」に記載された用法・用途を見て選ばれた方におすすめの入浴法です。
お風呂で見ながら正しく実践していただくためにもスマートフォンやタブレットなどの電子機器の利用を推奨しておりますが、電子機器に万が一の故障や破損が起きた場合、当方にて責任を持つことが出来ません。

こんな悩みのあるときに

  •  素直になりたいとき
  •  感情を解放したいとき
  •  気疲れしたとき
  •  バランスが乱れたとき
  •  勇気を出したいとき
  •  ぐっすり眠りたい日

水素浴とは

水素浴とは「水素の泡が全身を包む入浴剤」を使用した入浴法です。
入浴剤をお湯に入れると全身に細かな水素の泡がビッシリと体につくのが印象的で、高濃度な炭酸泉に浸かっているような滑らかな感触が楽しめます。水素には還元作用があるほか、分子構造が炭酸ガスよりも小さく皮膚から血中への浸透性が高いため、温浴効果を高めることができます。
「ネコのあなたの入浴剤」は、のんびり過ごすことが好きなネコの方に合わせて、落ち着きのあるラベンダーの香りと優しい紫の湯色を採用しました。

シャワー浴とは

シャワー浴

シャワー浴とは、シャワーから出るお湯の温度や水圧を利用した入浴法です。
水圧によるマッサージ効果や洗浄効果を活用して体の部分ケアができることと、手軽に温度を変えられることが大きな特徴です。
水素浴と組み合わせることで疲労回復や自律神経をコントロールして目的や悩みに合わせて活用しましょう。

シャワー浴の期待できる効果

疲労回復・マッサージ効果・洗浄効果・血行促進・健康促進・肩こり解消・腰痛改善・新陳代謝の促進・リフレッシュ効果など

シャワー浴の注意点

  • 高熱があるときは控えましょう。
  • 飲酒をしているときやしたあとは控えましょう。
  • 薬を服用しているときも控えましょう。
  • 入浴前には必ず水分補給しましょう。
  • 高血圧の方は危険性が高いので控えましょう。
  • 循環器系に疾患のある方は控えましょう。
  • 疾患のある方は主治医に相談してから行ってください。

入浴前の準備について

浴室換気を一時的にOFF

シャワー浴を行うときは浴室内の換気扇を一時的にOFFにしましょう。
換気扇が付いていると浴室内の温度が下がり、体が冷えてしまう場合があります。換気機能を一時的に止めてわずかな冷えを防いで、快適なバスタイムを過ごしましょう。

浴室内の温度と湿度を調整しましょう

入浴前に浴室内の温度と湿度を調整しましょう。
温度に関しては、浴室暖房もありますが浴室内を乾燥させてしまう場合もあるので、入浴前に熱めのシャワーを浴室の床や壁にかけると簡単に温度と湿度を調整することができます。
浴室内の室温は25℃以上、湿度は90%を目安にしましょう。浴室に防水タイプの温湿度計を置いておくと便利です。

脱衣所、廊下、リビングも温度と湿度を調整しましょう

脱衣所や廊下・リビングなども、簡易暖房や加湿器を使って温度と湿度を調整しておくことで入浴後を安全で快適に過ごせます。
温度は20℃前後、湿度は50%~60%を目安にしましょう。

水素浴×シャワー浴のやり方

水素浴×シャワー浴は、疲れが溜まったときやリフレッシュしたいときに効果的な入浴法です。
湯船に浸かる水素浴とシャワーの水圧や温度変化を使って、気分や目的に合わせて楽しみましょう。

01.

水分補給

入浴中は汗によって体内の水分量が減ってしまいます。
入浴前はもちろん、自宅であれば入浴中や入浴後などこまめな水分補給を行いましょう。
体内の水分量が少ないと、脱水症状やお風呂で熱中症になる方もいます。水分補給を怠ると、血流が悪くなる危険もあるので気をつけましょう。

02.

シャワーで掛け湯

湯船に浸かる前にぬるめのシャワーで、必ず心臓から一番遠い右足の先から順番に心臓に向かって掛け湯を行います。
掛け湯はスポーツでいう準備運動のようなものです。いきなりお湯に浸かるのは危険なので避けましょう。

03.

全身を洗う

湯船に浸かる前に、髪の毛から頭皮や毛穴など全身の汚れをやさしく洗い流しましょう。
全身を洗うことで温浴効果を高め、体が温まりやすくなります。家族がいる方であれば次に入浴する方へお湯をパスする際のマナーとしても大切です。

シャワー浴

04.

「ネコのあなたの入浴剤」を入れて水素浴

浴槽に40℃~42℃(体温+4℃~6℃)の熱めのお湯に「ネコのあなたの入浴剤」を入れ、足からゆっくりと肩まで浸かり全身浴を5分ほど行い、汗が出るくらい体をあたためます。

シャワー浴

05.

休憩

いったん湯船から出て少し休憩します。

シャワー浴

06.

シャワー浴(1)

シャワーを壁に固定した状態でバスチェアに座ります。
42℃くらいの熱めのシャワーを1分ほど首元にかけながら首まわりのストレッチを行います。
シャワーからの距離を近づけたり遠ざけたりすることで、当たりの強さに変化を加えます。

シャワー浴

07.

シャワー浴(2)

そのまま肩に1分ほどシャワーをあてながら、左右の肩をストレッチします。
同じようにシャワーからの距離を近づけたり遠ざけたりすることで当たりの強さに変化を加えます。

シャワー浴

08.

シャワー浴(3)

体を丸めて背中に1分ほどシャワーをあてます。

シャワー浴

09.

シャワー浴(4)

ゆっくりと立ち上がり、1分ほど腰まわりにシャワーをあてながらストレッチを行います。
シャワーからの距離を近づけたり遠ざけたりして当たりの強さに変化を加えます

シャワー浴

10.

シャワー浴(5)

立ち上がった状態ので股関節、膝、足首などの関節部分を動かしながら、左右の足に1分ほどシャワーをあてます。
このときもシャワーからの距離を近づけたり遠ざけたりして当たりの強さに変化を加えます。

シャワー浴

11.

シャワー浴(6)

バスチェアに腰掛けてから、シャワーの温度を30℃ほどにぬるくして頭からシャワーを浴びます。
このとき徐々にシャワーの温度を冷たくしてみましょう。

シャワー浴

12.

シャワー浴(7)

全身に冷水を浴びて少し体に冷えを感じたら休憩します。

シャワー浴

13.

シャワー浴(8)

38℃~40℃(体温+2℃~4℃)のぬるめのお湯に、肩まで浸かりゆっくりと全身浴を10分ほど行います。
※04.水素浴 から追い焚きや足し湯をしていなければちょうど良い温度になっているかもしれません。

14.

体があたたまったら冷たいシャワーを足先と手先にだけサッと浴びて浴室を出ます。

悩み別アドバイス

  • 素直になりたいとき

      わかってはいるけど素直になれないとき。熱いシャワーと冷たいシャワーを交互に浴びてみましょう。うまく気分転換ができてお風呂あがりはきっと素直になれるはず。

    感情を解放したいとき

      積もり積もった感情を解放したいとき。しっかりと体を温めてから冷たいシャワーを頭から浴びて感情を解放しましょう。

    気疲れしたとき

      マイペースでいたいのに気疲れするとストレスがたまります。入浴時間や温度とシャワーの温度や水圧を調節して頭も心も体もスッキリとリフレッシュさせましょう。

  • バランスが乱れたとき

      熱い水素浴と冷たいシャワーの温度差を利用して自律神経の乱れを整えましょう。頭と心と体のバランスを取り戻せます。

    勇気を出したいとき

      冷たいシャワーのときに18℃くらいの冷たさにチャレンジしてみましょう。お風呂あがりにきっと勇気が湧いてきます。

    ぐっすり眠りたい日

      熱めの水素浴とシャワーのマッサージ効果で汗が出るくらい心部体温を上げると入浴の1時間後くらいには必ず下がります。このタイミングでベッドに入ることでぐっすり眠れます。

入浴後の過ごし方

バスローブ

入浴後はしっかりと汗や水分を拭き取ります。一番簡単な方法としては、バスローブを羽織ると素早く体の水分や汗を吸いとり、冬は保温や湯冷め防止にも役立ちます。
また、肌を乾燥から守る保湿効果も期待できます。
汗が引くまでは温まった体を冷やさないように、常温水や温かいハーブティを飲みながらゆったり過ごし、汗がひいたタイミングでパジャマに着替えて就寝(入眠)すると質の高い睡眠に繋がります。

最後に

カバ

ネコの方は基本的にはマイペースなタイプですが、時にはメリハリも大切です。
お風呂の温度やシャワーの温度にメリハリをつけることで、ストレス解消に役立てましょう。特に自分のペースが乱れてしまった時に備えて、トレーニングを積んで自分にあった入浴法技術を身につけましょう。
正しい入浴技術を身につけることで、落ち着いた暮らしが実現できます。

この記事を書いたのは
お風呂の専門家 松永武

松永 武( まつながたけし )

お風呂のソムリエ・バスリエ・温泉入浴指導員(厚生労働省)・温泉健康指導士・バスリエ株式会社 代表取締役・一般社団法人HOT JAPAN 代表理事

スターダストマーケティング所属。
お風呂好きが講じて寝具メーカーを退職後、2005年にお風呂グッズの専門店を開業。バスグッズマニアとして「マツコの知らない世界」をはじめテレビ・ラジオ・雑誌などで活躍中。

 profile page