2021.09.17

掃除してるのにお風呂が臭い!?その原因と正しい掃除法をご紹介

掃除してるのにお風呂が臭い!?その原因と正しい掃除法をご紹介

どんなに疲れた日でも、のんびり湯船につかるだけで、リラックスできてしまうお風呂タイム。
でも、そんな癒やしの時間を過ごすお風呂から、「ある日突然、なんだか鼻につく臭いが漂ってきてびっくり!」なんて経験はありませんか?

高温多湿となるお風呂は、おうちの中でも臭いのもととなるカビや雑菌が、最も発生しやすい場所。しかも困ったことに、臭いの原因はひとつではないため、お掃除をしているつもりでも知らず知らずのうちに雑菌が繁殖してしまうことも!

そこで今回は、今後お風呂でいやな臭いに悩まされることのないように、悪臭の原因とその対処法やおすすめアイテムを紹介していきますね。

お風呂が臭う!?アンモニア臭?下水臭?臭い別の原因を解説

おうちの中でも一番の高温多湿ゾーンとなるバスルーム。それだけでも悪臭のもとなるカビや雑菌が発生しやすくなりますが、毎日からだをキレイにする場所であるための、落とし穴もあるのです。
実は、身体を洗い流すことで出てくる皮脂や水あか・石けんかすは、雑菌の大好物。繁殖の栄養源となってしまいます。そのため思わぬ場所が、悪臭拠点ということも少なくありません。
キレイを磨く場所が、雑菌の温床になるのは絶対イヤですよね。
下記に特に注意したい4つの原因をご紹介します。

※お風呂の構造は一軒家・マンションなどでも多少違ってきますが、今回ご紹介するのはもっとも一般的なユニットバスでの対策です。

お風呂の悪臭原因はこんなにいっぱい!

  • 1.浴室に漂う「もわっ」としたニオイ→皮脂や汗が、壁・床に付着して発生
  • 2.お湯がなんだか生臭い→風呂釜や追い焚き配管の汚れ
  • 3.カビは見当たらないのに、カビ臭がする→換気扇やエプロン内など、見過ごしがちな部位のカビが原因
  • 4.鼻につく、下水や硫黄のような臭い→排水トラップの異常や排水口の汚れ/排水管のつまりなど

1.「もわっ」としたニオイの原因は汗や皮脂。

バスルームに入った途端に、「なんだか臭い?」「もわっとする」……と感じたら、壁や床に付着した汗や皮脂の酸化が原因なのでは?と疑ってみて。バスルームでは、日々の入浴やシャワーのたびに、床や壁に熱いお湯とともに洗い流された皮脂や垢が飛び散って付着します。最初のうちは目には見えないミクロな汚れですが、時間が経つにつれて酸化し、徐々に臭いを発生します。
この状態を放置してしまうと、時間が経てば経つほど汗くさいような、なんともいえないこもった臭いへと変化していきます。

バスルームをそんな匂いにしないためにも、定期的に壁や床を含めたバルスーム全体を磨く習慣をつけるのが得策です。浴槽は毎日お掃除しても、壁や床となると見過ごしがちなため、気をつけましょう。

2.なまぐさい臭いは風呂釜の汚れを疑って!

お湯をためるときや追い焚きをしているときに、なんだか生臭さを感じることはありませんか? これは、風呂釜(追い炊き配管)に汚れがたまってきているサインです。風呂釜とは、給湯や追い焚きを行ってくれる装置のこと。
追い焚きをする場合、浴槽内のお湯を追い焚き用の配管から風呂釜内に吸い込んで加熱することで温めますよね。当たり前ですが、追い焚きする際の浴槽内のお湯は、湯船につかった人の皮脂・垢と入浴剤などが入り混じっています。そのお湯が配管を通って再加熱されるため、風呂釜と浴槽をつなぐ配管には、どうしても汚れが付着しやすくなってしまうのです。

さらに大人数でお風呂を使う場合、お湯の温度を保つため時間をあけて何度も同じお湯を追い焚きしてしまうこともあるでしょう。これは菌の増殖原因を増やすことになってしまいます。
風呂釜の汚れは、におい対策としてだけでなく、衛生面から考えても清潔を保つことが大事になります。ついつい見落としてしまいがちな場所だけに、月に一度など、頻度を決めて定期的に掃除するのが忘れないコツですよ。

ニオイ以外でわかる配管汚れのサイン

  • 新しくお湯や水をはったのに、ぬめりがある・臭う
  • 追い焚きのお湯が白くにごる
  • 水垢のようなゴミがお湯にまじることがある

3.カビが見当たらないバスルームでカビ臭が!?

換気扇(化粧パネル・フィルター・内部)

清潔を保つための掃除も大事ですが、汚れ同様気をつけたいのが「水滴」。お風呂上がりに水滴が残ってしまっていると、湿気がたまりやすく、ジメジメした環境が大好きなカビに繁殖の機会を与えてしまいます。
日々気をつけたい対策としては、お風呂上がりには水滴を拭き取る。水分を残さない。換気扇を回して空気を入れ替えて湿気をリセットする……などです。

しかし、これらの点に十分注意していても、浴室に入るとカビ臭を感じてしまうことがあります。そんなときチェックしてほしいのが、換気扇の状態です。
お風呂の換気を一手に担う浴室換気扇は、バスルームに充満した湿気を吸い込むため、内部にカビが発生しやくなります。それだけでなく、使用頻度が高くなればなるほど、ホコリもたまりやすくなり、カビにさらなる栄養を与えてしまうことにも!当然、カビ臭がひどくなるだけでなく、換気扇の誘引力も低下してしまいます。
高い場所にある換気扇の掃除は大変ですが、カビ臭をリセットするためだけでなく吸引力を保つためにも、できるだけ定期的におこなうようにしてくださいね。

浴槽のエプロン内

浴槽は、人が入るバスタブ部分と、それを保護しているカバー部分で成り立っています。エプロンとは、そのカバー部分を指す言葉です。エプロンがなく浴槽がむきだしのままだと、お湯はすぐに冷めてしまいます。保温のためにも、見た目的にもエプロンは大事なものですが、構造上とてもカビが発生しやすいのが玉に瑕なのです。

ちなみに浴槽にはエプロンを取り外しのできるものとできないものがあり、気をつけていただきたいのは、取り外しできるタイプの浴槽となります。取り外しタイプの浴槽の方でも、エプロンをとりはずして掃除をしたことない方は、多いのではないでしょうか?
実際、エプロンを取り外しての掃除は、面倒かつ手間のかかる作業なため、やるとなったらかなりの大仕事になってしまいます。しかしエプロンの内部はカビの温床となりやすいため、浴槽に充満するカビ臭が気になる際には、換気扇だけでなくエプロン内部のカビも疑ってみてください。

エプロン内部にカビが発生しやすい理由

  • 浴室の中でも、とくに高温多湿でカビが繁殖しやすい
  • カビの栄養となる皮脂汚れ・石鹸カス・垢などが隙間から入って溜まる
  • 掃除頻度が低いうえ認知度も低い

4.排水口の汚れや排水管の詰まりは下水臭のもと! 

お風呂の臭いを放つ場所といえば、一番に思い浮かぶのが排水口ではないでしょうか。毎日大量の生活排水を流す排水口は、とかく悪臭の原因となる雑菌がたまりやすいため、まめなお掃除が必須なのです。

お風呂の排水には、身体の垢や皮脂・石鹸カス・髪の毛などが大量に含まれています。しかも排水口には「ヘア(ゴミ)キャッチャー」や「排水トラップ」とよばれる異物や逆流を防ぐためのしかけがあるため、髪の毛がたまりがちです。そこへ垢や皮脂汚れ、石鹸カスなどとからみつき、詰まりの原因となるのです。
排水口が詰まるとカビや雑菌が繁殖。ヌメリが発生しそこがカビの根城となることで、さらに悪臭を呼び込むという悪循環に陥ってしまいます。放っておくとただでさえ面倒な排水管の掃除がさらに大変になるため、こまめなお掃除をぜひ習慣にしてくださいね。
またお風呂の排水管も、長期間使用しているとヌメリや汚れがこびりつくことで、つまりが発生しやすくなるため注意が必要です。

排水溝が臭くなる大きな要因

  • ヘア(ゴミ)キャッチャーに、ゴミが溜まったままになっている
  • 排水トラップに汚れやつまりが発生して、水が流れにくい
  • 排水管に汚れやぬめりが付着している

原因別!対策方法をご紹介

皮脂・汗汚れの掃除方法

浴室に入ると、どこからともなく漂う「もわっ」としたニオイのもととなる、浴槽の壁面や壁・床などに付着している皮脂や汗汚れ。これらを除去するには、汚れの原因や性質を加味してお掃除しましょう。
ちなみに壁や床には、「酸性」である汗や皮脂の汚れだけでなく、水垢・湯垢なのどの「アルカリ性」の汚れの両方が付着しています。しかもその2つは混在して壁などに付着しているため注意が必要です。

汚れが軽いうちならば、洗剤はあまり選びません。日々の簡単なお掃除では、中性洗剤などでも大丈夫です。しかし臭いを放つまで放置してしまった皮脂や汗などの酸性汚れを根こそぎ落とし切るには、アルカリ性の洗剤が効果的。ただしアルカリ性の洗剤は、手肌への刺激が強いため、使用時には注意してくださいね。
もしくは、酸性とアルカリ性の汚れの両方を効率的に落とすには、重曹とクエン酸の併用もおすすめです。

お風呂の汚れの性質別落とし方

    ■アルカリ性の汚れ → 酸性(クエン酸など)の洗浄剤で落とす
    ・石けんカス・水垢など

    ■酸性の汚れ → アルカリ性(重曹など)の洗浄剤で落とす
    ・シャンプー・酸化した皮脂や垢

    ■除菌が必要なもの → 除菌剤、防カビ剤で落とす
    ・ピンクぬめり・黒カビ

    ■髪の毛やゴミなどの固形物 → 排水口に流さず取り除く
    ・髪の毛・シャンプーなどのキャップ・ゴミなど

風呂釜追い炊き配管の掃除方法

風呂釜の掃除とは、基本、風呂釜と浴槽をつなぐパイプである配管の掃除を指します。追い焚き配管には、1つ穴タイプと2つ穴タイプの2タイプがあり、汚れがたまりやすいのは2つ穴タイプです。ただし汚れるまでの期間に多少の差はあれど、どちらも定期的な掃除が必要になります。
掃除方法はいくつかありますが、効果的で簡単なのが、パイプ内に洗浄液を循環させてキレイにする方法です。

【掃除手順】

01:カバーを外す

配管口についているカバー(フィルター)を外します。カバー自体も汚れが付着していることが多いため、掃除しましょう。

02:お湯(水)をはる

配管口の5cmほど上あたりまで、お湯をはりましょう。残り湯でもOKですが、入溶剤が入っている残り湯はNGです。

03:洗剤を溶かす(洗浄液をつくる)

酵素系漂白剤、もしくは専用の風呂釜洗浄剤を溶かし入れ洗浄液をつくります。

04:洗浄液を循環させる

配追い焚きして洗浄液をパイプ内に循環させます。酵素系漂白剤の場合は洗浄剤が活性化する温度である40℃くらいまで追い焚きし2〜3時間そのまま蓋をして放置。風呂釜洗浄剤を使う場合も追い焚きし放置するという手順ですが、温度や時間は各製品の説明書に従ってください。

05:洗浄液を排水後、ふたたびお湯をはり追い焚き

洗浄液を排水したら、再度お湯をはって(配管口の5cmほど上あたりまで)、追い焚きすることで配管内の洗浄液を洗い流します。お湯を配管内で循環させるための追い焚きなので2〜3分で大丈夫です。

06:排水して終了

排水して終了します。酵素系漂白剤を使う場合は、風呂釜掃除とともに、洗面器やフィルターなどを湯船に一緒に入れておけば、一度に掃除ができるためおすすめです。

換気扇掃除のポイント

換気扇の掃除をする際は、まず換気扇についている化粧パネルを外す必要があります。お風呂の換気扇は高い位置にあるため、脚立などを準備して万全の態勢でおこなってくだいね。また換気扇は電子機器ですので、安全のためにもブレーカーを落としてからおこないましょう。

ポイント

  • 化粧パネルは、ホコリをまめにブラシなどで取り去るだけで随分と違います。市販のフィルターを利用するのもおすすめです。
  • 化粧パネルは、定期的に中性洗剤ですみずみまで洗うとキレイを保てます。
  • 化粧パネルを定期的に掃除していれば、換気扇内部の掃除は年に1回程度で大丈夫です。
  • 換気扇は電子機器なため、水や洗剤を使う場合は説明書をちゃんと読み、故障しないように注意して行いましょう。

エプロン(内部)の掃除方法

大変なためやったことがないという人も多いと思われる、エプロン内部の掃除。これまでエプロン内部を掃除したことない場合、かなりのカビが発生している可能性もあることから、しっかり換気し、カビを吸い込まないように注意してくださいね

エプロン内部の掃除で一番気をつけたいことは、汚れを十分に落としたあとは、しっかり乾燥させてからまたカバーをつけること。せっかく掃除をしても、湿気が残ったままでエプロンをとりつけてしまうと、またすぐにカビが発生していまいます。大変な思いをした掃除を台無しにしないためにも、最後のひと手間を惜しまないのがポイントです。

用意しておきたいもの:

ゴム手袋、マスク、浴室洗浄剤、カビ取り剤、乾拭き用の雑巾、スポンジ・ブラシ

エプロンの外し方:

エプロンは、いろいろなタイプがありますが、基本、エプロンの下の部分を持ち上げて手前に引き寄せるようにすると外せるようになっています。タイプによっては、ネジ止めされているものもあるため、その場合は上記以外にもドライバーが必要となります。

排水溝(排水トラップ・排水管など)の掃除で気を付けること

排水口には、お風呂で排出される全ての汚れが流れつきます。そのため放置していると、ヘドロ状の汚れとなってしまうため、掃除も大変です。そうならないためには、まずはヘアキャッチャーにたまる、髪の毛やゴミなどを毎日取り除くように心がけましょう。
また排水口の掃除はできれば週に1回程度行うと、洗浄力の強い洗剤をつかわなくともシャワー&ブラシでこする程度で簡単に除去できます。
しかしついつい忘れてしまって、排水口から臭いがするようになってしまったら、ちょっと大変ですが徹底的に排水口まわりを掃除して、ニオイのもとをリセットしましょう。

【掃除手順】

準備するもの:

ビニール手袋・ブラシ・塩素系漂白剤(カビ取り用泡スプレー)もしくはパイプ用洗浄剤(アルカリ性)

01:ごみを取り除く

ゴム手袋をし、排水口の蓋をはずして、まずヘアキャッチャーにたまったゴミを取り除きます。

02:洗剤を入れる

塩素系のカビ取り用泡スプレー吹きかける。もしくは、パイプ用洗浄剤を流し入れ、20〜30分放置。
※ナチュラル系でお掃除したい場合は、排水口にたっぷりの重曹をふりかけて洗い流す方法でもOKです。。

03:洗い流す

シャワーで洗い流し、残った汚れをブラシでこすり洗いし、さらにシャワーで流す。また洗剤だけでは排水管の中の汚れが気になる場合は、バキュームタイプのアイテムを使うとより徹底的に掃除できます。

大変なときは、掃除プロの手を借りることも考えて!

    今回ご紹介した、天井にある換気扇やエプロン内部、排水口の奥のつまりなどは、慣れていないと細かな部分の汚れまで落としきれないことも。掃除していない時間が長ければながいほど、汚れは頑固だし、カビの除去も大変です。大きな労力をつかっても、期待ほど汚れが落ちないなんてことにもなりかねません。
    ゆったり気持ちよく過ごしたいバスルームだからこそ、いやなニオイがしてしまうとストレスの素に。日々の簡単な掃除は自分で行うにしても、徹底的にピカピカにしたいのならば、お掃除のプロを頼ってみるのもひとつの手です。

お風呂のニオイ対策に!お風呂のソムリエおすすめ商品をご紹介

異臭を放つバスルームにしたいためには、汚れが目立つ前に対処するという、日々のこまめなお掃除が結局一番の近道です。そこでフットワーク軽くお掃除できてしまう、手間をかけずにキレイを保てる厳選アイテムを5つご紹介します。

  • バスクリーナー「SOMALI(そまり)」お風呂用洗剤

    素手でも安心して使えるため、お風呂上がりにサッサっとお掃除可能。なのにしぶとい皮脂汚れをすっきりクリアに!

    > 商品ページを見る

  • ブラシ「クロマメMK」目地すみっこブラシ

    換気扇の化粧パネルのお掃除はこれにおまかせ! ブラシを滑らせるだけで、あっという間にホコリをリセット。

    > 商品ページを見る

  • 三栄水栓「SANEI」真空式パイプクリーナー[PR870]

    ブラシや洗剤だけではなかなか落としづらい排水口の配管汚れをバッチリ吸引。手強いヌメリ汚れなどにも効果的。

    > 商品ページを見る

  • カビ剤/「BATHLIER」bio_JELLY(バイオゼリー/浴室用)

    カビが繁殖して落とすのではなく、まず発生させないアプローチはいかが? カラフルかわいいゼリーボールが、カビの発生を予防。

    > 商品ページを見る

  • 住宅用洗剤「BATHLIER」アルカリウォーター

    シュシュッと吹きかけて水滴を拭き取るだけ! それだけで、汚れをリセットしながら、除菌・消臭を一度に叶えてくれる。

    > 商品ページを見る

まとめ

お風呂のいやなニオイは、リラックスできるはずのバスタイムを台無しにしてしまいます。しかもニオイの発生は、一見キレイに見えていたとしてもかなり汚れが進行しているサインでもあるため、リセットするには大変な労力が必要になってきます。だからこそニオイが発生してから重い腰を上げるのではなく、こまめにニオイのもとを摘み取っていくのが、結局は一番ラクな方法といえるのです。
そうはいっても忙しい日々、なかなかむつかしいこともあるでしょう。なので、ニオイが発生してしまったら、一念発起して徹底的にお掃除を! その後は、今回ご紹介したおすすめアイテムなどの便利アイテムを上手につかって、快適なバスルームをキープしてくださいね。

またバスリエでは、今まで以上により良い情報の発信やアイテムのご提供をしていけるように、バスルームのニオイやお悩みについてのアンケートも実施しております。ぜひご協力お願いいたします。