2021.04.02

母の日はいつ?プレゼントはどうする?母の日ギフトに関する実態調査

母の日はいつ?プレゼントはどうする?母の日ギフトに関する実態調査

2021年の母の日ギフトはもう決まりましたか?お花やグルメアイテムを贈る方が多いですが、今年はバスグッズで癒しの時間を贈ってみてはいかがでしょうか。

今回は、母の日に人気のギフトやギフトの贈り方など、母の日事情から母の日のギフトにおすすめのバスグッズをご紹介します。

母の日の発祥って?なぜ母の日の贈り物=カーネーションなの?

日本で知られている母の日の発祥は、アメリカにあります。今から100年ほど前に、アンナ・ジャービスというアメリカ人女性が亡きお母さんを追悼するため、お母さんが愛した花のカーネーションを贈ったことが由来といわれています。

赤いカーネーションには「母の愛」という花言葉もあることから、母の日に赤いカーネーションを贈る人が増えたそうです。

アメリカで生まれた母の日ですが、日本で母の日が広まったのは1936年に開催された「母の日大会」というイベントがきっかけでした。実は、それまでにも日本にはキリスト教の布教により、一部で母の日が知られていたのですが、知名度は低かったのです。

そこで、あるお菓子メーカーが豊島園に全国のお母さんを無料招待するイベントを開催しました。
そのお菓子メーカーは、今も日本でトップシェアを誇っている森永製菓なのです。

森永製菓が開催したイベントによって、全国的に母の日が広まり、「日本でも毎年5月第2日曜日は母の日」、と国民の間で認知されるようになりました。

   参考:森永エピソード

ちなみに、母の日は世界的に存在する記念日ですが、実は贈る花や日付が異なる国もあります。

例えば、オーストラリアではカーネーションではなく菊の花を贈り、イタリアではアザレア。フィンランドではミニバラ、という違いがあるのです。
イギリスやエジプトの場合は、母の日は5月ではなく3月として祝われています。
また、母の日の過ごし方でユニークなのがタイです。タイは8月12日を母の日としており、母の日には水色の服を着てお祝いするという風習があります。なぜ水色かというと、母の日がシリキット前国王妃の誕生日で、王妃のシンボルカラーが水色だからだそうです。

国によって異なる母の日の習慣の違いを知るのも新鮮で面白いですよね。

   参考:日本経済新聞

2021年の母の日はいつ?プレゼントはどうする?

2021年の母の日は、5月9日の日曜日です。

母の日のギフト選びでまず気になるのが、購入する場所や予算ですよね。お母さんに喜んでもらうために、プレゼント選びで失敗するのも避けたいところ。

プレゼント選びで失敗しないために、一般的な母の日のプレゼント事情を参考にしてみましょう。

今回バスリエが行なったアンケート調査「母の日ギフト実態調査」の結果をもとに、母の日のプレゼント事情をご紹介していきます。

毎年母の日ギフトは贈っている?

  • 母の日にギフトを贈る 83.5%
  • 母の日にギフトを贈らない 16.5%

調査結果では、5人中4人は毎年母の日にギフトを贈っているということがわかりました。

親子でも普段は恥ずかしくてなかなか表現できない感謝の気持ちを、年に1回このような形で伝えるという方がきっと多いことと考えられます。

母の日のプレゼントはどこで購入する?

調査では、約半数が母の日のプレゼントを実店舗で購入すると回答されていました。実店舗の次に多かったのが通販で購入するという回答です。

実店舗での購入が多い理由は、おそらく実際に手にとってプレゼントを吟味できるという、実店舗ならではのメリットにあると考えられます。通販のメリットは、多忙でプレゼント選びの時間を取りにくい人でも手軽にプレゼントを選べることです。ネットでいつでもどこでもプレゼントを選んで購入できるという手軽さは、実店舗にはありません。

また、通販サイトでもギフト用の包装をしてもらえますし、注文時にお母さんの住所を入力すれば買い物と合わせてプレゼントを配送してもらう手配も完了します。

母の日の人気プレゼントは?

母の日のプレゼントとしては、お花や食べ物、実用的な消耗品、アクセサリー・化粧品など様々な候補があります。

バスリエの調査によるギフトランキングではでは花を贈ったという回答が最も多く、次いで多かったのが食品でした。やはりお花は母の日のプレゼントの王道といえます。生花はもちろん、プリザーブドフラワーやドライフラワーのアレンジなども人気です。一方で、実用的な消耗品としては入浴剤やボディソープといったバスグッズを贈った、という回答も見られました。

2020年は花を贈ったという人は、2021年は食品やバスグッズといった実用的な消耗品も候補に入れてみてはいかがでしょうか。

母の日のプレゼントはどうやって渡す?

母の日のプレゼントの贈り方としては、直接会って渡す派が多数でした。

お母さんと同居している人や、近くにお母さんが住んでいる場合は直接会って渡せますが、お母さんと離れているという人の場合は宅配・郵送で贈っているようです。

母の日プレゼントの予算は?

予算としては3000円以上、5000円未満という回答が1位、続いて1000円以上3000円未満、5000円以上7000円未満と続いていました。

安すぎず高すぎず、このくらいの金額であればちょっとしたマッサージ器やお花、少し高級なお菓子、服飾雑貨、スキンケア用品等選択肢の幅も広がります。そしてたまに奮発してもう少し高いものを、年齢の低い学生さんなどはあまり高いものは難しいので少し控えめな価格で…

いずれにしてもお母さんのことを思って選んだプレゼントは、どれも喜ばれるに違いありません。

花?スイーツ?今年はバスタイムを充実させるグッズがおすすめ!人気バスグッズランキングを紹介

母の日のギフト選びに迷ったら、今年はバスグッズをプレゼントしてみませんか?

お風呂のソムリエSHOPバスリエでは、母の日ギフトに贈りたいバスグッズを調査しました。その結果をランキング形式で公開し、かつ当店イチオシのバスグッズをご紹介致します!

1位 入浴剤

バスグッズのギフトとして定番人気なのが入浴剤。

雑貨店などでもかわいくラッピングされた入浴剤ギフトセットを良く見かけますね。おうちのお風呂時間を手軽にちょっと贅沢にできる入浴剤。前述の雑貨店だけでなくスーパーや薬局などでも手軽に購入できますが、母の日の特別なギフトとして、普段はあまり購入しないような、他ではない入浴剤をプレゼントしてみるのはいかがでしょうか?

BATHLIER 入浴剤 「浴玉(Yokudama)ジップバッグ」 

コロンと小さな巾着のようなデザインが可愛らしい、バスリエオリジナルの入浴剤です。
浴衣生地の中に入浴剤が入っており、そのまま湯船に入れて使います。1つで2種類の入浴剤が楽しめるのが特徴。最初はシュワシュワの炭酸浴、浴衣生地を揉み揉みすればとろみのある濁り湯に変化するのです。炭酸浴でこり固まった心身をほぐし、濁り湯でお肌をしっとり整えて日々の生活で疲れた心身を癒します。

入浴剤 エプソムソルト ジャータイプ

追い炊き、洗濯湯としてお湯の再利用可能な入浴剤です。
ソルト、とありますが塩ではなく、マグネシウムの入浴剤になります。ミネラルの効果で汗をじんわりかきやすく、お風呂上がりの保温効果にも優れています。女性は体が冷えやすいので、体をぽかぽか温めやすい入浴剤をプレゼントするとお母さんの体を労わる気持ちが伝わるでしょう。アロマオイルと混ぜてアロマ入浴剤としても楽しめます。

2位 石鹸・ボディソープ

石鹸やボディソープは毎日使うもの。

いつも使っている定番品が既にあることでしょう。しかしたまには気分を変えて、ちょっと特別な石鹸を、お母さんのお肌を思って選んであげるのも良いですよね。肌を労わるやさしい石鹸で、お母さんのお肌も気分も元気になること間違いなしです!

マルセイユ石鹸 マリウスファーブル 

乾燥肌でお悩みのお母さんには、保湿力の高い石鹸をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
1900年に創業されたフランスの老舗石鹸製造会社「マリウスファーブル」のマルセイユ石鹸を、上品な木箱に詰めてギフトセットにしています。マルセイユ石鹸は、クリーミーな泡立ちでお肌をしっとり洗い上げる天然植物成分100%の石鹸です。お顔はもちろん体、髪、お掃除やお洗濯にまで使えて実用性も抜群です。

3位 タオル・バスタオル

意外ともらって嬉しいのがタオルです。

普段あまり新調しないものだからこそ、贈ってもらえると役立つので喜ばれます。その贅沢な使い心地に心までふわふわとリラックスしてもらえるのではないでしょうか。

今治タオル バスタオル「BATHLIER」大人の休日タオル(お風呂タオル)

「大人の休日タオル」は、いつも忙しいお母さんに使ってほしいタオルです。家事に仕事に日々忙しいお母さん。休日にはゆっくりバスタイムを楽しんで、是非贅沢な「大人の休日タオル」を使ってもらいましょう。

今治タオル 「moz」 箱入りタオルギフト

愛媛県の老舗タオルブランド『今治』と北欧の人気ブランド『moz』がコラボしたタオルギフトは、ふんわりやさしい肌触りと可愛らしいシカのデザインで使うたびにホッとしてもらえるでしょう。

4位 マッサージツール

お仕事や家事で疲れが溜まりやすいお母さん。

なかなかマッサージ店に通う時間もないかと思います。そんなお母さんには毎日のお風呂で手軽にマッサージやツボ押しができるバスグッズを贈ってみませんか?

ツボ押し 「コリネット」 リンプセット

お仕事や家事で疲れが溜まりやすいお母さんには、手軽にマッサージやツボ押しができるバスグッズを贈ってみませんか?
コリネットは、マッサージセラピストが監修したお風呂でも使えるマッサージツールです。手に持ってコリやむくみ、疲れが気になる部分をグリグリするだけで、簡単にマッサージができます。

5位 アロマオイル

お母さんに日頃の感謝と癒しを贈るならアロマオイルもおすすめです。

アロマオイルをお湯の入ったカップに数滴入れれば、浴室がふんわり良い香りに包まれます。ただ浸かるだけでなく香りをプラスするだけで、バスタイムをより贅沢な時間にできるでしょう。

 精油「BATHLIER(バスリエ)」Blend-Essential-Oil-for-Bath 

お母さんに日頃の感謝と癒しを贈るならアロマオイルもおすすめです。
アロマオイルをお湯の入ったカップに数滴入れれば、浴室がふんわり良い香りに包まれます。バスリエオリジナルブレンドのエッセンシャルオイルは、浴室専用にブレンドされた精油です。浴室の湿度でアロマの効果が最大限発揮されるように作られています。お母さんが日々の疲れを香りで癒せる、極上の癒しアイテムです。

その他おすすめ商品

母の日限定ギフト「今治ハンドタオル&入浴剤浴玉セット」

ランキングベスト3に入った入浴剤とタオルがセットになった母の日限定ギフト。
人気の浴玉、水素入浴剤、Novyのハンドタオルの3点は、お風呂のソムリエが厳選したイチオシ商品です。このご時世で、温泉旅行をプレゼントしたくてもできない!と思っているかたにぴったりです。このギフトで、是非、母の日に”癒し”と”楽しみ”を贈ってください!

ツボテープ 「BATHLIER」 貼る温泉

こちらも、温泉旅行の代わりにプレゼントするのにピッタリなアイテムです。
温泉成分で作られたツボテープ「貼る温泉」は、体に貼るだけでぽかぽかと体が温まります。鍼灸師とマッサージ指圧師が監修して作られたアイテムで、ツボに貼ると疲れをケアすることも可能です。目立たないテープなので、いつでもどこでも温泉気分を楽しんでもらえます。

フェイシャルマスク 「BATHLIER 」 

デパコスや美容液など、お肌のお手入れグッズも母の日ギフトで人気です。
お肌のお手入れグッズを贈るなら、バスリエの繰り返し使えるフェイスマスクもご一緒に贈ってみてはいかがでしょうか。「おふろやさんがつくった、フェイスマスク」は、洗って乾かせば繰り返し使えるフェイスマスクです。母親世代は商品の実用性も気になる世代ですが、繰り返し使えるフェイスマスクなら使い捨てのフェイスマスクよりもコスパが良いですし、ゴミも増えないから便利。お湯で温めてホットマスクにしても良し、冷たい化粧水で浸して化粧水パックにしても良し。使い勝手に優れた美容グッズです。

”モノ”以外も!モノにプラスしてサプライズギフトで喜ばせよう!

これまでは美味しいグルメを一緒に楽しみに行ったり、一緒にショッピングをして直接プレゼントを選んでもらったり、ということもできましたが、最近は外出して一緒に母の日をお祝いするのが難しい状況ですよね。
そこでおすすめなのが、おうちでの母の日サプライズです。お金をかけずにおうちでできる母の日サプライズのアイデアをご紹介します。

お母さん・奥さんに代わって”一日お母さん”

母の日に母・妻に代わって家事全般をやり、お母さんや妻に1日中ゆっくり過ごしてもらいましょう。
掃除や洗濯はもちろん、ご飯の準備など家事全般をやることで、普段のお母さんや妻の大変さを実感できます。

母の日ディナーを作る

外でグルメを楽しむのが難しい今こそ、おうちで楽しめる母の日ディナーを作りましょう。
お母さんの好物を作ったり、いつもは頼まないちょっとお高い出前を頼んだりと、特別なディナーを用意してみてください。甘いものが好きなお母さんなら、手作りのお菓子を作ってあげるのも喜ばれますよ。

オンラインでサプライズメッセージ

お母さんが遠方に住んでいて一緒に過ごせない場合は、テレビ電話などを利用してオンラインで一緒に過ごしても良いでしょう。
いつもは電話だけという人も、テレビ電話なら顔を直接見て話せるので、お母さんもきっと喜ぶはずです。

いかがでしたか?

コロナ渦でお母さんを連れて旅行や外食等がなかなか難しいご時世ではありますが、だからこそ、自宅でリラックス&リフレッシュできるような素敵なギフトを贈りたいですよね!

母の日ギフトのアンケートは引き続き行って参りますので、是非ご協力をお願い致します。