2021.07.22

ぬめりとさよなら!吊るす・浮かす収納でお風呂をキレイに!

ぬめりとさよなら!吊るす・浮かす収納でお風呂をキレイに!

お風呂は1人きりで思いっきりくつろげる場所!

でも結構面倒なのが、お掃除。
ちょっと油断しているとシャンプーボトルや洗顔アイテムの底がぬめりやカビで恐ろしいことに…
それだけではなくお風呂の掃除用具や風呂桶・風呂椅子など、あらゆるアイテムがぬめりやカビの温床になりがちです。

せっかく気持ち良い場所のはずなのに、カビやぬめりのせいで台無しにしたくないですよね。
当記事では、ぬめりやカビがつきにくいお風呂収納のアイデア&アイテムをご紹介していきます。

お風呂のカビやぬめり対策には”吊るす(浮かす)”収納が鉄則!

どんなにこまめに掃除をしても、お風呂やトイレ・キッチン・洗面所など毎日使っている水回りはどうしても汚れがち。
その中でもダントツで水を使うのが、”お風呂”ですよね。
ぬめりやカビが全くつかない方法があれば良いのにな・・・
お風呂掃除をしたことがあるひとなら、一度はそう考えたことがあるのではないでしょうか。

全くつかない・・・とまでは言えないものの、ぬめり・カビを極力抑える方法があるんです!

それが”吊るす(浮かせる)”収納です。

”吊るす”収納は何が良い?

・水切りが良くカビやぬめりがつきにくい

”吊るす”収納の一番の魅力がやはり”カビ””ぬめり”が付きにくい点。
ぬめり・カビの原因は”水”ですので、浴室の濡れた床とシャンプーボトルなどの接地面が大きければ大きいほど、当然よごれもつきやすくなります。 そこで”吊るす”収納にすれば、接地面を極力減らして、カビ・ぬめりを防ぐことができます。

・お風呂場の床掃除が楽

 浴室の掃除は正直言ってやりたくない!そう思う方が大半かと思います。
しかしシャンプーボトルなどのバスグッズを全て吊るす収納で床から離してしまえば、都度都度避ける必要もなく、お風呂掃除がとっても楽になります。

・狭い浴室でもスッキリ収納できる

”吊るす”お風呂収納の利点はぬめり・カビ・掃除対策になるだけではありません!
床にシャンプーボトルや掃除用具などそのまま置いておくよりも、空いている壁のスペースに吊るすことで、遥かにスッキリ見えます。
戸建てで広いお風呂場であればまだしも、1人暮らしアパートなどではなるべく省スペースで、身体を洗う場所をしっかりと確保したいですよね。

このように、”吊るす”収納は良いことづくめなんです。
でも”吊るす”収納って、具体的にどんな方法で収納すれば良いの?

次項では、その吊るす収納のアイデアと併せて、お風呂のソムリエおすすめのお風呂収納アイテムをご紹介します!

お風呂の吊るす・浮かす収納おすすめ商品の紹介

お風呂収納は吊るす!浮かす!ことが鉄則なのはわかったけど、具体的にどんな方法で、どんなアイテムを使ったら良いの?
こちらでは、そんな方のためにおすすめの収納アイデア&アイテムをご紹介します。

マグネットラックを使う

一般的なユニットバスの壁は、壁の後ろに鉄の板が入っているので、マグネットが付く構造になっています。中にはマグネットがつかないものもあるので、ご自宅のお風呂の壁がつくかどうか、試してみてくださいね。

吸盤ラックを使う

磁石が付かないタイプのお風呂には吸盤タイプのラックをどうぞ!
おもちゃ用のかごやラックとステンレスバーが一体となったものもあります。ラックに洗顔用品など細々したものも纏めてしまえば見た目もすっきりです。

フックに吊り下げる

吊るす収納の定番アイテム。価格もお手頃で費用が抑えられます。
泡立てネットやバスタブ掃除用のロングブラシなどはフックに吊り下げている人が多のではないでしょうか。しかしフックに吊り下げられるものはそれだけではありません!フックの中には、シェーバー用のものや二俣フックで桶が掛けられるものもあるんです!

突っ張り棒を利用する

フックや紐付き収納なら、突っ張り棒や浴室物干しを使うアイデアもアリ!
壁にもくっつかずより乾きやすくなります。

タオル掛けを利用する

浴室のタオル掛けはボディタオルを掛けるだけじゃ勿体ない!
タオル掛けを使って省スペースでぬめり&カビ防止にも役立つアイテムもあるんです!

フックやバスタブに掛けられるアイテムを選ぶ

お掃除ブラシをフックに掛けて収納はしていても、洗面器やバスシューズまでフックや突っ張り棒に掛けている方はなかなかいないのではないでしょうか?
でも実は、フック・突っ張り棒などに”掛けられる”ように作られたアイテムがあるんです!

シャワーフックに掛ける

シャワーフックに掛けるだけで収納スペースが作れちゃう優れもの。
1人暮らしの小さめ浴室にピッタリです。シャワーフックの高さにシャンプーや洗顔アイテムを置けば、立って洗う派の方にとっても便利ですね。

シャンプーボトル・湯おけを直貼り

人気&おしゃれなTowerシリーズのマグネットディスペンサーと湯おけ。
なんと、壁に直貼りしちゃうというアイデア!ラックもフックも使わない!これ以上のシンプル収納はありません!

ディスペンサーを吊るす

ラックにシャンプーボトルを”置く”のではなく”吊るして”使うディスペンサー。
しかも詰め替え不要なのでボトルのお手入れ自体不要です。ディスペンサー「アーム&ホルダー&ポンプセット」

石鹸を浮かす

ソープディッシュもぬめぬめしがちで掃除が大変で嫌になっちゃう!
そんなお悩みを解消してくれる新発想のアイテム。浮かすからぬめぬめ知らず、石鹸を清潔に保てます。

まとめ

いかがでしたか?

お風呂も収納次第でお手入れがとっても楽になることが分かって頂けたかと思います。
これまでシャンプーボトルの底をぬめぬめ&かびだらけにしてしまいがちだった方も、きっとこれでキレイを長持ちさせられますね♪
こちらに出てきた収納法やアイテムを利用して、いつでも清潔なお風呂で、幸せなひとときを過ごしてください。