2017.01.20

シャンプーボトルの底が「ベタっ」ってなるのがイヤ!

シャンプーボトルの底が「ベタっ」ってなるのがイヤ!

シャンプーってみんなどこに置いているんだろう…。

当店のスタッフにお風呂事情をきいたところ、だいたいシャンプーを置ける台がお風呂場についていて、そこにドンっと置いている。

家族の一番最後の人がシャンプーボトルのお尻を綺麗に拭いて出てきてくれるのが理想だけれど、パパだったり子どもたちだったりするとそうはいかない。

やっぱりボトルのお尻を拭くのはお母さん。。。

お母さんだって忙しいのよ!

毎日だと面倒になっちゃって、ついさぼっちゃう。。。するとヌルっとしてくるボトルの底。

っんーー、もうっ!みんなキレイに使ってよっ!
と母が怒りだす寸前、

見つけました、母の味方。

シャンプーは「吊るす」が正解って知ってました?

詰め替えそのまま

吊るせる場所がある方は、吊るすとなお良し。
お母さんに褒められるってやつ。

うち、吊るす場所ないし・・・

あるでしょう。もちろん、そういうおうちも。
そんな時はコレ↓

シャワーフックに「挿す」んですって。

これ、作った人はどうしても「詰め替えそのまま」で使いたかったんでしょうね。

痒いところに手が届いてます。

なくなったらパックを捨てるだけ。

「すごくいい」がたくさんあって、なんだかものすごく得した気分。

最近の詰め替えパックって「ただいま増量中の大容量」とか「こだわり少量」とかサイズがまちまち。

だから詰め替えボトルの容量が足りなかったり、逆にパックの中身が全部詰め替えられずに余っちゃったり、という悩みからも解放される。

吊るしているから底のヌメリともおさらば!

これでお風呂掃除のルーティーンからひとつ減りました。

詰め替えそのままシリーズ

>>「詰め替えそのまま」シリーズ一覧はこちら