大人のタオルなんですって!

大人のタオルなんですって!

おとなのたおるっていうのは!
こういうものですよーってのをつらつらと説明していきましょう。
いわゆるトリセツってやつですよ。
ああもうもたないのでいつもの!

魑魅魍魎魑魅魍魎
魑魅魍魎魑魅魍魎
魑魅魍魎魑魅魍魎
魑魅魍魎魑魅魍魎
魑魅魍魎魑魅魍魎
魑魅魍魎魑魅魍魎
魑魅魍魎魑魅魍魎
魑魅魍魎魑魅魍魎
魑魅魍魎魑魅魍魎
魑魅魍魎魑魅魍魎
魑魅魍魎魑魅魍魎
魑魅魍魎魑魅魍魎
魑魅魍魎魑魅魍魎
魑魅魍魎魑魅魍魎
魑魅魍魎魑魅魍魎
魑魅魍魎魑魅魍魎
魑魅魍魎魑魅魍魎
魑魅魍魎魑魅魍魎
魑魅魍魎魑魅魍魎
魑魅魍魎魑魅魍魎
魑魅魍魎魑魅魍魎
魑魅魍魎魑魅魍魎
魑魅魍魎魑魅魍魎
魑魅魍魎魑魅魍魎

柔軟剤をいれたらフワフワになる?

洗い上がりを柔らかくする柔軟剤ですが、油剤のため、タオル地には良くない影響を及ぼすことがあります。
吸水性を損なってしまったり、パイルが伸びてしまったり、膨らんだ繊維から毛羽が出てしまったり…。
長く吸水性を維持したい場合は使用を避けたいところですが、「タオルだけ別に洗うのはちょっと…」という主婦のみなさんの声が聞こえてきそう。
柔軟剤を使用しない、というのが本来のタオル地の持ち味を一番だせるのですが、そんな面倒なことはやってられない!という人、生地を柔らかくするものもいろいろありますから、ご家庭にあったものをお選びください。
できれば柔軟剤を使用する場合は10回に1回程度にとどめ、洗剤だけでやさしく洗うことをおすすめします。
ちなみに、柔軟剤の代わりに代表的なものといえば穀物酢。実際に当店スタッフが試してみましたが、たしかにふんわりしました。しかも抗菌だそうで洗濯層までキレイになるそうです。
ただし入れすぎるとお酢臭くなるのでご注意ください。あとノンオイリーの柔軟剤を使うのもいいかもしれないですね。

洗濯後のタオルが硬い…涙

強く絞ってしまったり脱水したままの状態で干してしまったりした時に生地がギュッと固まってしまう事があります。
干す前には両手でパタパタとよく振って空気を馴染ませ、ゆがみを取り除くように四方から軽くひっぱると、この症状を緩和させることができます。
デリケートな素材なので、振って伸ばす時も引っ張る時もやさしく行うようにしましょう。
また、夏場など直射日光にあてると急激に乾きすぎて繊維が縮み硬くなってしまいます。夏場など陽が強い日は陰干しがよいですよ。

タオルにカビがっ!

もしかするとカビの原因は洗濯層かもしれません。
洗濯層が汚れていると洗濯ものにカビが付着するので、定期的に洗濯層のお手入れをするとよいでしょう。
洗濯層は専用の洗剤が販売されているほか、お酢でとる方法もあります。
一番高い水位に水をはり、お酢をコップ1,2杯いれて数時間つけておくと、洗濯層に付着しているカビがワラワラと取れます。お酢の臭いがつくので、十分すすぎを行ってください。

タオルが臭い!

濡れたままのタオルを放置しておくと洗濯しても臭いが残ることがあります。
ちゃんと洗濯しているのになぜ?その原因は菌の増殖。この臭い、ちょっとやそっとが落ちません。天日干ししても柔軟剤をいれてもダメなんです。
とにかく滅菌!これにつきます。
通常の洗濯をしたあとに”煮洗い”するのが有効ですが、マイクロファイバーなど熱を苦手とする素材があるので、洗濯表示のタグをご確認ください。

ほつれた!

ひっかかって飛び出してしまった糸は、そのままにしておくと更にひっかかり生地を傷めてしまいます。
見つけた時にほつれた糸を根元から思い切って切ってみて下さい。
織り方の特性上カットして使用しても、ほつれは進行しませんし目立たなくなります。

アイロンをかけてもいい?

綿など天然素材のタオルはアイロンをかけても大丈夫ですが、ふんわりとした糸が潰れてしまうため、ゴワゴワした肌触りになります。
マイクロファイバーは耐熱性が低いので熱湯消毒や乾燥機、アイロンなどのご使用は避けてください。
同時に直射日光にあたることも劣化の原因になので、陰干しがよいです。
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Quisque ut porta lacus, a bibendum odio. Pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et malesuada fames ac turpis egestas. Pellentesque eget accumsan velit. Suspendisse tristique diam ac euismod luctus. Vivamus tellus metus, porta vel mi vulputate, bibendum elementum sapien. Aliquam at diam congue, tincidunt nisi in, aliquet neque. Pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et malesuada fames ac turpis egestas. Suspendisse posuere, sem id consequat vulputate, justo justo tincidunt arcu, sit amet malesuada lectus tortor nec nibh. Aenean auctor venenatis orci. Aliquam pharetra tempus magna eu ornare. Quisque egestas quis nisi sed luctus. Ut mattis eleifend lacus. Vestibulum iaculis ligula vel tortor tempus scelerisque. Morbi ut felis nec nisl pellentesque venenatis id ut dolor. Nulla ultrices ac dolor at mollis. Interdum et malesuada fames ac ante ipsum primis in faucibus.

Etiam sollicitudin massa sit amet facilisis vehicula. Nullam ornare dignissim augue, sed volutpat urna lobortis et. Donec sagittis ultricies bibendum. Vivamus pharetra, justo in molestie tristique, sapien magna ornare orci, nec venenatis lorem turpis in turpis. Vivamus at ante non orci accumsan pulvinar. Ut volutpat sem a urna posuere finibus. Maecenas non sollicitudin ligula. Duis in ornare augue, nec dictum odio. Duis tristique euismod turpis eget ultricies. Phasellus vitae metus tempus, iaculis lacus vitae, dapibus nisl. Pellentesque at iaculis dolor, ut imperdiet dui. Aliquam erat volutpat. Nam sed est varius, vulputate quam vel, luctus lectus. Nulla a nisi sed sapien varius venenatis vel nec lectus.

Donec non diam nec mi hendrerit dictum. Fusce rhoncus lorem orci, quis lacinia justo faucibus eget. Donec mattis elementum massa, ac feugiat odio varius ac. Fusce nisi lacus, vehicula nec imperdiet sit amet, facilisis vitae urna. Duis ac diam vitae nibh consectetur fermentum quis eget lectus. Donec rutrum at erat in luctus. Vestibulum sapien lectus, ornare at commodo sit amet, rutrum ac metus. Mauris non diam sit amet sem hendrerit mattis id vitae enim. Phasellus condimentum elit a enim hendrerit, sed porta turpis condimentum. Maecenas et tellus id risus luctus rutrum. Sed vel velit dictum, rhoncus nulla vitae, accumsan nisi. Donec neque elit, cursus sed fringilla sed, scelerisque non purus. Nulla eu diam nec velit vulputate pharetra. Integer facilisis, libero et varius scelerisque, urna eros viverra urna, ac viverra tellus lorem vel quam. Aliquam a vestibulum dui.

Ut cursus sem convallis turpis molestie, faucibus egestas felis aliquet. Donec viverra lorem quis purus sollicitudin lobortis. Suspendisse eleifend massa a ligula tincidunt dapibus sit amet euismod orci. In finibus hendrerit lorem eu rhoncus. Nam tempor faucibus cursus. Pellentesque cursus leo ut elit porttitor aliquet sed quis diam. Nam quis arcu eros. Praesent feugiat, magna ac pellentesque porta, nunc odio faucibus orci, semper tempus lorem risus at felis. Nunc mattis lorem erat, eget hendrerit elit gravida facilisis. Orci varius natoque penatibus et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Donec eget scelerisque enim.

In at eros id sem venenatis vulputate in at nulla. Vestibulum finibus libero et purus bibendum, vitae ultricies massa auctor. Donec elit elit, laoreet ac elementum eget, laoreet vitae nunc. Phasellus ornare sollicitudin cursus. Morbi non felis ligula. Pellentesque non feugiat urna. Morbi porttitor, ligula gravida efficitur posuere, ante ex iaculis odio, vehicula efficitur ligula dui tincidunt dui. Vivamus a dui dictum, egestas nulla quis, fringilla dolor. Mauris lectus turpis, accumsan in ultricies dapibus, commodo quis lacus. Morbi vitae tincidunt augue. Donec sollicitudin mauris et sapien tincidunt pretium. Mauris volutpat dignissim volutpat. Aenean id nibh mollis, vestibulum arcu vitae, tristique purus. Integer eu consectetur sem. Duis at magna eu magna fringilla sagittis a eu velit. Nulla facilisi.

ってかんじ。